株式会社サカヒラ│福岡県│飯塚市│総合建設業│製造販売業│コンクリート、リサイクルの中間処理業

qrcode.png
http://www.sakahirasangyo.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社サカヒラ
(本社)
〒820-0021
福岡県飯塚市潤野1133番地6
TEL.0948-22-8749(代表)
TEL.0948-25-5388(生コン直通)
FAX.0948-22-8713
(福岡支店)
〒820-0021
福岡市南区玉川町1番25号
TEL.092-553-1300
FAX.092-553-1301
(筑紫野支店)
〒818-0066
筑紫野市大字永岡1272番地69
TEL.092-928-1182
FAX.092-928-1183
(生コン工場(箱崎))
〒812-0051
TEL.092-651-3308
FAX.092-651-3318
────────────
1.■総合建設業■
2.■製造販売業■
 ・生コンクリート
 ・砂利砕石
 ・土石
 ・リサイクル製品
3.■コンクリートリサイクル中間処理■
4.■汚泥処理■
────────────
059425
 

2020年

 

2020年3月度

2020年3月度
 
2020年3月24日(火)、3月度の安全教育を17:30よりダンプ運転手、
18:00より生コン車運転手に対し実施しました。
安全教育実施前に、平成28年8月24日事故被災者に対し二度と法令
違反による悲惨な事故を起こさないことを誓い、黙祷を捧げました。
 
【教育内容】
1.前回2月25日開催ミーティング時より昨日までの事故事例を紹介し
 出席者全員に安全指導、注意喚起を促した。
 ①現場配達時、前方車輌との離合時 後方確認不足により後方車輌
 と接触。
 反省点:サイドミラー、テレビモニターだけではなく、降車し後方を
 目視で確認すること。
 ②三叉路交差点進入時、左側車輌と後方車輌の接近により心理的
 に焦り、電柱に接触。
 反省点:心に余裕を持ち、プロドライバーとして業務にあたること。
 ③現場配達時、誘導員により後進するとき、材料受取りフネに後方
 バンパーが接触した。
 反省点:現場誘導員を過信せず、必ず降車して自分の目で確認
 すること。
 
 ④ダンプ車輌による資材受取り現場にて計量後、路面が濡れて
 いたため足を滑らせ、後頭部と右顔面を負傷したもの。
 反省点:ヘルメットは着用していたが、ベルトの締め付けが甘く、
 また、本社帰庫を焦ったものと考えられるので、安全具は着実に
 装着し、心に余裕を持ち作業すること。
 ⑤前方に停車している他社の駐車ブレーキ不足により前進し、
 当社車輌被害事故について。
 反省点:停車時は短時間でも車輪歯止めとサイドブレーキを確実
 に操作すること。
 
2.デジタルドライブレコーダーによる個人別安全運転結果について
 個人別安全運転評価(速度オーバー、急減速回数等)結果に
 基づき、一般道で速度超過が疑われる運転手2名、高速道で速度
 超過が疑われる運転手1名に対し個別に指導した。
 高得点運転手及び低得点運転手を発表し、個別に評価指導した。
 発表評価することにより運転手達の関心も高くなり、微速ながら
 安全運転に繋がっていくと思う。
 
3.生コンクリート工場長より、生コンクリートの基礎知識とJIS規格に
 よる生コンクリート運転手の遵守するべきことについての指導が
 あった。合わせて安全目標を各自設定するよう再度要請があった。
 
4.新型コロナウイルスによる肺炎感染防止の為、手洗い、消毒液の
 使用、マスクの着用等により自己の健康状態に注意するよう社長
 から指示があった。
 

2020年2月度

2020年2月度
 
2020年2月25日(火)、2月度の安全教育を17:30よりダンプ運転手、
16:10より生コン車運転手に対し実施しました。
安全教育実施前に、平成28年8月24日事故被災者に対し黙祷を捧げ
改めて法令違反による悲惨な事故を起こさないことを全出席者で誓い
ました。
 
【教育内容】
1.コロナウイルス肺炎について
 全国的に感染が発生しているので、手洗い・うがい、マスクを着用
 し、できるだけ集会の出席あるいは人混みの多い所には出歩かない
 ようにする。
 
2.労災事故について
 整備作業中にオイルドラム缶を交換時、設置スタンドとドラム缶の間
 に中指を挟まれ負傷した。手袋は着用し、作業方法にも特段問題は
 無かったと思われるが、作業中は緊張感をもち細心の注意で臨む
 こと。また重作業は2人以上ですること。
 
 
3.他社事業所から6件の事故事例について
 ①車歯止めの飛ばしによる負傷事故
 ②作業中ベルトコンベアに手を挟む
 ③生コンクリート車より降車する際転落負傷事故
 ④洗車終了後の転倒事故
 ⑤ショベルローダー乗車時ドアに右親指を挟み負傷
 ⑥車輌走行中の対向車の中央線飛び出しによる衝突事故
 以上について説明し、他社の事業所事故とはいえども当社でも
 起こりえる事なので注意を促した。
 
4.前回ミーティング時より昨日までのスピードの速度超過が疑われる
 者3名、急減速回数多発者6名に対し個別に注意指導した。
 
5.3月になり小・中学校が春休みに入るので、車輌運転中は児童に
 気を付け、横断歩道に歩行者がいる場合は確実に停車し、右折時
 左折時は横断歩道前で停止し、サイドミラーだけではなく目視で
 確認すること。
 
6.生コン工場長から次回ミーティング時に安全目標を工場として設定
 する旨、報告がありました。
 

2020年1月度

2020年1月度
 
2020年1月21日(火)、1月度の安全教育を17:30よりダンプ運転手、
18:00より生コン車運転手に対し実施しました。
安全教育実施前に、平成28年8月24日事故被災者に対し黙祷を
捧げ、改めて法令違反による悲惨な事故を起こさないことを全出席者
誓いました。
 
【教育内容】
1.1月9日発生したトラクタトレーラーの被害事故について
 電線工事場所を交通誘導員の指示により通過中、垂れ下がった
 電線により車輌が損害を受けた。今後の対応について、誘導員の
 指示とはいえ、工事場所等を通過する場合は周りの状況をよく
 確かめ、通過すること。
 
2.1月21日に発生した営業車輌の被害事故について
 当社営業車が走行中、赤信号により停車中 後方車輌(3tダンプ)
 により追突された。今後の対応について、今回は被害であるが
 走行中は前方車輌が、いついかなる時に停車しても安全に停止
 できるよう適正な車間距離をとること。
 
3.車輌停止中の歯止めについて
 全車輌新たに作成した歯止めが配布されたので、確実に車輌
 停止時は使用すること。
 
4.ドライブレコーダーによる安全運転指導について
 1月6日より昨日までの速度違反が認められる者が13名程見受け
 られたので個別に注意し、また、急減速回数が多い者5回以上
 4名に対し指導した。そして、安全得点の高い者をランキングから
 割り出し、評価した。
 
5.セメントバラ車運転手労災事故について
 バラセメント積み降ろし中に作業を急いだあまり、ホースジョイント
 部分より噴出したセメント粉により右目に軽傷を負った事故について
 説明し、作業中は各手順に従い、安全に留意し作業すること。
 
6.健康管理について
 バラ車運転手がかかりつけ医による薬処方により降圧剤服用中に
 処方された風邪薬を併用し、急激な血圧低下により体調不良に
 なった。結果として、薬害?かもしれないが、12指腸潰瘍を発症して
 血圧低下になったものだが体調は自己管理し、具合が悪い時は
 申告し、業務に支障がないようにすること。
 
7.生コン工場長より安全運転目標に関し早急に目標設定し、報告
 することの督促があった。
<<株式会社サカヒラ>> 〒820-0021 福岡県飯塚市潤野1133番地6 TEL:0948-22-8749 FAX:0948-22-8713